期間工は雇用契約を更新しない契約社員

工場の求人でよく見る雇用形態に期間工があります。雇用期間があらかじめ決まっている雇用形態であり、労働に関する法律に基づいて言えば期間工は契約社員の一種です。しかし、契約社員は基本的に雇用期間が満了するごとに契約更新の有無を確認しますが、期間工は更新することはほとんどありません。これは期間工が工場の繁忙期に生じる人員不足の解消を目的としているためです。期間工は繁忙期に限って雇用する契約社員なので、繁忙期が過ぎると雇用する必要がなくなります。そのため、一般的な契約社員とは異なり、雇用契約は更新しません。工場の繁忙期は業種ごとに異なりますが、期間工の雇用期間は数か月から半年程度がほとんどです。

次年度の繁忙期に再び雇用されることもありますが、この場合でも一般的な契約社員ではなく、あくまでも繁忙期ごとに改めて契約を結ぶ期間工としての扱いになります。

時給単価は期間工の方がやや高いが欠点もある

一般的な契約社員と比べると期間工は雇用期間がはっきりと決められていることから、長期間の安定した労働は難しいと言えます。一方で雇用期間が限られている分、時給単価がやや割高に設定されているケースが少なくありません。同じ作業内容でも年度ごとに契約更新がある契約社員と雇用期間が限られている期間工では、期間工の方が数割ほど賃金が高い傾向にあります。そのため、短期間で多く稼ぎたい人や特定の時期だけ空き時間が生じる人は期間工としての働き方が向いています。反面、収入が安定しにくく、仕事に必要なスキルを得ることが難しいのも事実です。契約社員は年度ごとの更新があるので長期的な視野でスキルを磨くことができます。

しかし、期間工の仕事は基本的に単純作業の繰り返しなので高度なスキルを得るには不向きと言えるでしょう。