正社員は同じ職場で長く働きたい人に向いている

工場で働くスタッフの雇用形態は主に正社員と派遣社員があり、それぞれ給料や勤務体系、昇給昇格の有無といった様々な点で違いが見られます。正社員は、直接雇用でフルタイムの勤務が原則となり、日によって残業や夜勤などを任されることもあります。一方で、派遣社員と比べて基本給が高めに設定されていることや、キャリアアップのために様々な機会に研修を受けられるといったメリットがあります。そのため、同じ工場内で長く働きたい人は、業績が良い工場の正社員の求人募集を優先的にチェックするのがおすすめです。また、就職後に育休や産休など長期休暇の取得を希望する人は、正社員の休暇の取得状況についても必ず確認しておくことが大切です。

派遣社員は勤務の曜日や時間を選びやすい

派遣社員として工場で働く場合は、数か月から一年程度の契約となり、正社員と同じような教育を受けられないことがありますが、自分の希望に合った曜日や時間帯に勤務をすることが可能です。特に、多くの派遣社員が活躍している大手の工場の中には、週に二日や三日の短時間勤務ができるところもあり、子育てや持病などのために正社員になるのが難しい人も無理なく働けます。最近では、一定期間派遣社員として成果を上げたスタッフを正社員に登用している工場もあり、年齢が若い人であれば積極的に登用試験にチャレンジをすることもできます。その他、派遣社員はキャリアアップの面で不利になりやすいため、雇用形態によらず最低限の研修が行われている職場を探すのがポイントです。

大学生や留学生が利用する学生寮の求人は、全国各地の求人サイトにて、多数見受けられます。寮母といった管理業務から清掃、料理といった様々な職種に対する求人が出ている点が大きな特徴です。